スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白浜

恒例の女三人、かしましの旅なのですが、今回、来年、受験をする姪っ子が気になるので妹は不参加。
母との二人旅です。
行き先は、とっても近い 白浜。

前にも三人で行ったのですが、リーズナブルなお値段と、最近、食事の量が食べられない母は ステーキ、お造り、天ぷらのついたバイキングコースのある旅館が結構気に入って道も高速をまっすぐ終点まで行くだけの簡単な場所なので 今回もここにしました。

とはいえ、近すぎて 別に行くところもないので、お決まりの円月島、と千畳敷にいってきました。
お天気が良く暖かかったです。
   DSCF2197.jpg

母のお目当ては、この旅館よりも、帰りによる 『とれとれ市場』
まぐろの解体です。

前回も帰りにまぐろを買って帰ったのですが、もちもちとして 脂がのっててとってもおいしかったのです。
今回も、『エッ?そんなん高いやん!』と思う きはだマグロを うちの家の分と二かたまり、『ココに来た時しか買えないから、高くっても買っとく、おいしいもん』と太っ腹に買ってもらいました。(ラッキー)
DSCF2217.jpg
計ったら1kgあった、しかし、家に帰って切ったら、あまり切れない包丁できったので、せっかくのまぐろが、安物、切り落としのようになってしまった
でも、まぁ、おなかに入ったら一緒、一緒
キレイに、大根のケンを添えて、お造りにすればよかったけれど、豪快にマグロ丼にして いただきました。

そして、もうひとつのお気に入り。
地ビールの『ナギサビール』
DSCF2185.jpg   DSCF2212.jpg
ここのビールはコクがあってとってもおいしいのです。
今回は、普通の瓶だけじゃなく、こんな変わったボトルを見つけて、そこに入れてもらうことにしました。
オシャレ~☆・゚:*(人´ω`*)☆。♪。☆。♪。☆。

でも、やっぱり二人は寂しいです。
次回は三人でねワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク
スポンサーサイト

伊勢

今回は伊勢方面。

かきの食べ放題に、前から行きたいといっていたので今回 旅行&かき食べ放題とちょっと欲張り旅行へ・・・
DSCF1948.jpg
かきの食べ放題は かきご飯、かきぞうすい、かきのお味噌汁、カキフライ そして、焼きがき食べ放題でした。
焼きがきはトレイのかきがなくなると、次から次ともってきてくれて、制限時間一時間だけれど、一時間も食べれません
ついつい食べすぎちゃって・・・
このあと、大変な事に
食べ過ぎたので、その後、ちょっと動かなきゃと言って、灯台へ行ったり、ホテルのまわりを散策したり・・・
しかし、胃の中のかきは なかなか消化できず・・・
とうとう気分が悪くなって ホテルに着くなり 布団を敷いてもらって寝込んじゃった

おかげで、鯛や平目の舞い踊りのような 豪華な夕食は 一口も食べれず・・・
 DSCF1998.jpg
『やっぱり、旅行か、食べ放題かどちらかにしないとね、昼に食べ放題で、夜にご馳走はムリだね・・・』って、
二人で反省会です↓

まぁ、一晩寝ると 元気ハツラツで、帰りは 赤目四十八滝へ・・・

DSCF2044.jpg【不動滝】DSCF2062.jpg【千手滝】手が何本もあるような滝でした。  



DSCF2069.jpg【布曳滝】泡が細かくとてもキレイな滝でした。DSCF2096.jpg【陰陽滝】


帰りに行き道から気になっていた『へこきまんじゅう』なるものを買いました。
ネーミングがDSCF2122.jpg DSCF2124.jpg DSCF2129.jpg

さつまいも100%でつくった たい焼きみたいなので、人形の形、ふわふわでと~ってもおいしかったです。
さつまいもでできてるから このネーミングなのね。

 




信州旅行

お誕生日の、昨日と今日、ダンナからのプレゼント・・・っていうワケでもないけれど、信州に行ってきました。
数年前の軽井沢と、5月の富士山以来、今回で信州方面は3度目・・・?
結婚前はよく友達とスキーに行ったりもしたけど・・・
そうそう、それより前に中学校の修学旅行が信州だったなぁ・・・
善光寺、浅間山に鬼押し出し、白樺湖あとどこだっけ・・・?

今回は、善光寺から別所温泉、美ヶ原からビーナスラインを通って車山、霧ヶ峰、白樺湖とまわってきました。
DSCF1737.jpg
善光寺といえば『牛に引かれて善光寺参り』とよく聞きますが、本当の意味がわかっていなくって調べてみました。

 昔々、この近くに強欲なおばあさんが住んでいました。
それはそれは、良かならぬ行いの年月を重ねていました。

 さて、ある日のこと、お婆さんが千曲川で布をさらしていると、どこからともなく一頭の牛が現れて布を角にかけて走り出しました。
「こら待て~!」
 お婆さんは必死で牛を追いかけます。
 悲しいかな、体力のないお婆さんです、牛に追いつけない。
 しかし、強欲なお婆さん、諦めません。どこまでもどこまでもおいかけます。
 
 ふと気づけば長野・善光寺にいました。

 さあ、布を持ち去った牛です。
 善光寺さん、金堂の中に消えるように入っていきました。
 やっと捕まえられると、お婆さん、金堂に入りますが、そこには牛はいない。
 何やら、光るものがある。 牛のヨダレです。ヨダレが文字を書いていました。
  なんじゃろな、と読んでみれば

「牛とのみ思いすごすな仏の道に
 汝を導く己の心を われ観世音菩薩」

 お婆さん、腰を抜かしました。
 観世音菩薩が牛に化していたんですね~。
 盗人にも五分の魂のたとえ、欲張り婆さんも、それまで心の奥で眠っていた『信心』が目覚めました。
  その夜は金堂にこもって、過去の罪業を詫びて翌朝、小諸に帰りました。

 そんなある日、布引観音(冒頭の写真)にお婆さんがお詣りに行ってびっくり仰天。
 あ~ら不思議、観音様の肩に牛にとられた布が掛けられているではありませんか……。

 観世音菩薩が牛に化して信心うすい老婆を善光寺に導いて教化をした。
 ということらしいです。

おまけ 「春風や牛に引かれて善光寺」小林一茶。

そういうことだったんだ。

聞いたところによると、人間はなくなると一番先に行くお寺が善光寺さんなんだそうな・・・

何だかとっても重みのある気持ちでお参りをしてきました。

そんな ありがた~い気持ちでホテルに向かうと なんてキレイな夕日なのでしょう。
DSCF1747.jpg
ありがたさが ひとしお増した気がしました。

次の日は早くにホテルを後にし、信州あたりはもう紅葉がしてるんじゃないかと、ビーナスラインを走ります。
DSCF1764.jpg
行き道では、りんごの木がフツーにあって りんごがたわわに生っていました。(もぎとって食べた~い)

DSCF1793.jpg   DSCF1858.jpg
ビーナスラインのヘアピンカーブをいくつも通って、車山の頂上に来ると なんて素晴らしい景色なの~???
もう感激の一言です。
空と山と雲とのコントラストがまるで絵画を見てるよう。もう、もう、もうため息つきまくりです。
気温も10℃、気持ちもピーンと張り詰めます。
そして、霧ヶ峰の風景、どちらかというと 霧ヶ峰は森林ではなく 湿原だそうで、 CMの『霧が峰~♪』のイメージとはチョット違っていたけれど、なかなか景色もよかったです。
 
そして、今回 もし行けたら寄って欲しいとお願いして行ったところが 白樺湖
DSCF1895.jpg  DSCF1885.jpg  DSCF1887.jpg
最初に書きましたが、中学校の修学旅行で、行った先が白樺湖で 確かこのアングルで友達と写真を撮ったような気がして、(そのときの写真を確認していないので何とも言えませんが・・・)そのときの楽しかった思い出がよみがえってきそうで・・・
でも、チョット残念だったのが、 肝心な白樺が 中学校のときは『何てキレイな真っ白な幹なんだろ~』と思っていたのに、幹はそれほど白くなく 本数も少ないし、あまり手入れのされていない印象を受けました。
周りの建物も廃墟化したところが多かったし、チョット寂しい気がしました。
ただ、湖のほとりにきれいに紅葉しているカエデがあったので、チョットうれしかった。ホントに真っ赤でキレイでした。
DSCF1898.jpg
あとは 真っ赤すぎない なんだか コロコロとかわいいく紅葉している木々達を見ながら満足して帰ってきました。

家に帰るとおもいがけなくサプライズ
DSCF1909.jpg
子供達からバースデーケーキ(歌もうたってくれました)
娘から『お誕生日何がいい?』って聞かれたんだけど、『旅行に行ってお留守を頼むからプレゼントは留守番でいいよ』と言ってたのに さすがにそれだけじゃ悪いからとケーキを・・・
うれしいよ~ありがと~
何だか、とっても心に残るお誕生日でした。



 


矢田寺

毎年恒例
矢田寺へ紫陽花を見に行って来ました。

今日は雨なので ダンナは『雨降るけど、どうする?』って聞くんだけれど、他の場所と違い、この紫陽花の矢田寺は 晴天じゃダメなのです。
これは、毎年行ってて特に感じること。
何と言っても、紫陽花は雨が良く似合う、一番映えるのです

2010.06.13 (13-1)   2010.06.13 (21-1)   2010.06.13 (33-1)

接写をしたら一段とキレイ~
2010.06.13 (16-1)  2010.06.13 (12-1)

やっぱり 家に咲いているのは、全然違う~

あじさいだ~い好き


富士山

先日、バイクで富士山までツーリングに行ったダンナが『富士山の景色が素晴らしかったから一度見せてあげたい』と言って、富士山旅行を計画してくれました。

当日はあいにくの雨
どこを走っても 富士山は見えません
そのまま車で五合目まで行くことにしました・・・が、すごい霧!!
5メートル先も見えないくらい すごい霧で 山道を走るのがとっても恐かった~

でも、そんな霧の中、いいものを発見
2010.5.30~31富士山 (196)
信号機の横に富士山の形が
見つけたときは 思わずはしゃいでしまいました

なんとか五合目近くまで上がってきたとき、霧も雲も過ぎて、目の前には晴れた富士山~
2010.5.30~31富士山 (138)
も~う 感激しまくり
下界からは 山のかけらさえ見えなかったから 喜びもひとしお
山小屋の前でこんなのを発見2010.5.30~31富士山 (143)そうだわ、そうだわ、そういえば小学校の時に音楽の時間に習ったっけ
富士山の歌。
『あ~たま~を~く~も~の~う~えに~だぁしぃ~♪』
そうよね、下界はくもっていても、その雲より高い富士山は 上では晴れてるのよね~
当たり前の事なんだけど、あらためて歌の内容に納得

2010.5.30~31富士山 (153)       2010.5.30~31富士山 (151)
部屋は 部屋露天のついた 広い部屋で う~ん満足!本当なら、晴れてたらこの部屋露天から富士山が見えたんだって
でも、食事も大きな個室で 料理もいろいろ趣向をこらした料理で満足満足!

2010.5.30~31富士山 (190)
次の日は 押野八海を見学しました。

車で行くと遠いだろうな~と思っていたけれど、高速道路の直線道は 私と交代して、主人にはすこし 寝てもらったら あとは 運転もすごく楽だったって言ってたので、ま、良かった!

今度はぜひ晴れた日に行きたいです

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

アンちゃん

  • Author:アンちゃん
  • 大好きなものに囲まれて毎日を過ごしたいなぁ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。